僻地医療に奮闘する看護師は結婚できないのか?

僻地医療看護師の結婚事情

へき地医療を支える看護師になろう!
島根の求人


「ナースは婚期が遅れる」とよく言われますが、一般OLの方と比べて土日祝日も関係なく勤務しているため、なかなか男性とのデートができません。しかも夜勤が多いので合コンなどに参加するタイミングを逃してしまう…といった理由があります。やはり、離島などの僻地医療に従事する看護師の場合も同様でしょうか?

僻地医療の最前線で働く看護師は結婚できないの?

結婚式のイメージ写真もともとお付き合いをしている方がいたとしても、本土と島との遠距離となった場合はなかなか続かないようです。もしくは、結婚を機に辞めてしまうとか…。
そうなった場合、島の住民と自然な形でお付き合いが出来ればよいのですが、なかなかそうは行かないものです。

また、医師や同僚の男性看護師ということも考えられなくはないかもしれませんが、例えば隠岐の島の場合は隠岐病院という比較的大きな病院がありますが、それでも医師の数は臨時職員を含めて18名しかいません。その中で独身となるとかなり数が限られてしまいます。

もっと小さな島になれば、ほとんど若い医師がいないと思ったほうがいいでしょう。なぜならば僻地医療を行うためには、幅広い医療の知識と技術が必要になるため、経験の少ない若い医師は僻地医療には向いていないからです。
こういった背景があり、僻地で働く看護師は婚期が遅れてしまう可能性があります。

僻地医療を行う看護師が結婚するには

やりがいは十分にある離島や僻地での仕事ですが、いざ自分自身の幸せを考えると、一筋縄ではいきません。
僻地で働く看護師が結婚するためには、どうしたらいいのでしょうか。いくつか提案させていただきます。

緑の花のアイコン離島・僻地で働く看護師が結婚するには

三つ葉のクローバーのアイコン赴任する前に、相手を見つけておく
三つ葉のクローバーのアイコン赴任する前に医師と結婚し、夫婦そろって僻地医療をおこなう
三つ葉のクローバーのアイコン島民と付き合う・結婚する
三つ葉のクローバーのアイコンさらにハードになるが、少ない時間で本土に渡る
三つ葉のクローバーのアイコン僻地医療を行う数少ない独身医師を狙う
三つ葉のクローバーのアイコン結婚はあきらめ、看護業務に専念
三つ葉のクローバーのアイコン本土に戻る

仕事内容のみならず、結婚ということでも相当な覚悟が必要でしょう…。